未就学児の頃から英語を学ぶのがおすすめ

もし、幼児英語教育を望まれるのであれば、親御さんの努力も必要

>

子供の学習能力は無限大

すべての子供の無限の可能性

あなたのお子さんも含め、幼児(未就学)は皆天才です。
それは、親御さんである皆さまが実感されているのではないでしょうか。
この地球上で命あるもの、すべては生まれて生きる術を親に学んでいるのです。
人間にとって言葉は最も重要な生きる術であります。
例えば、米国人の男性と日本人の女性が結婚して日本に居住しますと、日本人の妻はいつまで経っても英語が上手く話せません。
逆に、日本人の男性と米国人の女性が結婚して日本に居住しますと日本人の夫も英語の上達が望めません。
でも、何れの例でも、ご子息やご令嬢はもれなくバイリンガルであることは確かです。
両親がどうであれ、お子さんは日常であらゆることを学んでいるのです。
日本人が米国駐在をして、お子さんが小学校の前半だけとか、中学校から、あるいは高校から、とかという違いからそれらのお子さんの英語コミュニケーションに対する成熟度が大きく異なるという事実もあります。

言葉は単なる言葉、学問にあらず

最も重要な事は、日本語か英語か声に発する言葉で学問ではないと言うことです。
日本人が過去経験した英語は学科であった訳で、日本語の「国語」と同様でした。
言わば、高校で嫌々勉強させられた「古文」や「漢文」のようなものであります。
つまり、今までの英語教育には面白さがなかったように思えます。
近く小学校3年生から学科としての英語教育を計画するこの国の方針で、英語好きな子どもたちが増えることを切に願います。
このような事態を目の前にして、今、一番大切なことは未就学児童(小学校に上がる前)に言葉としての英語に馴染ませるか、吹き込むか、が大切と考えます。
日本人の日常には外来語(カタカナ語で英語が語源)が溢れている中、それらの英語表現(果たして英語として通じるか、発音はどうか)親御さんが改めて注目し、お子さんへ正確に伝えることから始めてみましょう。


この記事をシェアする
TO_TOP